チャットシステム導入時の注意点|業務をシステム化する

設備工事の積算を行う

電卓

元来、電気設備の見積もりというのはとても時間がかかる仕事でした。最近は電気設備工事に特化した積算ソフトも出てきています。今まで、見積もりに時間がかかっていた理由としては細かい積算の積み重ねや、資材ごとに原価が異なっていることから計算が複雑化してしまう等の様々な理由がありました。図面の作成などに多くの時間を使う電気設備工事のなかで見積もりに時間を取られてしまうのは大きな損です。そんな面倒に見積もり作業を簡単にできるのが積算ソフトといえるでしょう。
資材ごとに原価が異なっていると上記で明記しましたが、積算ソフトには原価を登録できる機能があるので事前に資材の原価を入れておけばあとは使用した資材の数を拾い出すだけでスピーディに見積書を作成することが可能です。作成した見積書は、形式を変えて別途エクセルにも書き出すことも可能なので、今までエクセルで電気設備の見積書を作成していた人にも非常におすすめです。
これまでアナログチックに進めていた見積書作成を積算ソフトで行なうことにより従来の4分の1の時間で行なうことが可能になりました。今まで見積書作成にかかっていた時間を短縮することで本来の別の業務に力を入れることも可能となりました。また、パソコン上で適切に管理を行なうので、「図面の作成後に資材の不足があった」という事態を防ぐこともできます。
このように電気設備工事を進めて行く上で積算ソフトは様座なメリットを有しているといえるのです。

Copyright © 2016 チャットシステム導入時の注意点|業務をシステム化する All Rights Reserved.